活動内容

全ての子供たちを笑顔に

すべての子供たちを笑顔に

今の日本社会は、いじめによる自殺や児童虐待、失業不安、孤独死など様々な問題を抱えています。こうした社会のゆがみの影響をじかに受けているのが、今の子供たち…。                  そんな子供たちに、笑顔あふれ自分らしく生きられる未来を提供するため、私たちは以下の活動を行っています。

  • 【親子手作り楽器と音楽会のワークショップ】

    いつでもどこでも本物の水流音を楽しめる音具『マリンカン』。

    破けても鳴り続けるスーパー紙鉄砲。

    おもしろい音色のストロー笛。

    等々、身の回りにある物を使って親子で楽しみながら楽器(音具)を作ります。でもこのワークショップの本当のねらいは親御さんです。どの親御さんも子育てに関しては少なからず悩みを抱えています。親御さんにこそ、そのストレスを少しでも軽減させ、笑顔になっていただけるような活動やお話をするのが、このワークショップの真の目的なのです。親御さんの笑顔は子供たちにとって、とても影響力がある大切なものなのですから。
    ※【CCCらんど】一検索 [音の楽校】一クリック 活動の一部を動画で紹介しています。

  • 【指導者向けワークショップ】

    私たちが提唱しているONGAKUは【心静かに目を閉じて、身の回りの音に耳を傾ける活動】からスタートします。昨今、落ち着きがなく人の話がよく聞けない子供たちが増えています。もしこれからの子供たちの中に音(人の声も含め)を聴くことが楽しいと感じられる子供たちが育ったらどうでしょう?また、ドレミにとらわれないONGAKUは、子供たちの自己肯定感や、コミュニケーション能力を高めます。こうしたONGAKUの楽しさ・面白さを指導者の方々に体験していただくワークショップを行います。指導者白身のワクワク・ドキドキ感は子供たちにとって、大切なものなのですから。

  • 【障がい児家族のための池田式ピアノ即興連弾】

    子供と一緒にピアノの鍵盤を自由に叩いて、そこから出てくる音を楽しむ即興連弾を行います。ピアノの音で子供とおとなが対話する独自の即興連弾技法です。この即興連弾を行うと子供たちの心の中の声がピアノの音となって現れ、音だけでの会話が成立するようになるのです。
    それは子どもたちがもっている「音を自由に楽しむ開かれた心」という、ふだんは表面には見えてこない素晴らしい力なのです。
    お子さんにピアノの音だけでコミュニケーションできる楽しさを味わってもらい、親御さんには、お子さんのもっている「音を自由に楽しむ開かれた心の素晴らしさ」を実際に見て、笑顔になっていただきます。親御さんの笑顔は子供たちにとって、とても影響学力がある大切なものなのですから。 
    ※【昔話の森】→検索 活動の一部を動画で紹介しています。                  

ページトップへもどる

=お顔い=

本会の活動内容をご理解いただき、年間3000円の活動援助寄付金を提供して下さる賛助会員を募集しています。
私たちの活動は、基本的に皆様からの寄付金及び理事からの正会員費で成り立っています。どうか日本の未来を支える全ての子どもたちの笑顔のために、ご理解ご協力いただけるようお願い申し上げます。
(賛助会員が100名を越えると認定NPO法人の資格が得られ、企業・個人からの寄付に優遇税制も受けられる様になります)



  • <振り込み先>
    三菱乗京UFJ銀行向島支店(普通)口座番号0088065オトヲタノシムオンガクノカイ

    尚、本会費は初年度に限り、平成26年(2014年)6月30日までの会費とさせて頂きます。

ページトップへもどる

重要なキーワード

音を感じる/環楽器/アンサンブル/心を開く/そのままの自分/音でつながる/理解すること/自己肯定/イメージ/コミュニケーション/親子/文化の伝承

お問い合わせ

住所
東京都墨田区東向島2-34-12
サニーフラット202号室
E-mail
otoiawase@oto.or.jp
Tel&Fax
03-3610-2292
携帯番号
090-8317-9491
©2013 「音」を「楽」しむONGAKUの会. All rights reserved.